SS:あん太【大きくて小さな人】

>>ツイートから転載。
少しおかしいかもしれません。

>>蒼星あん太&ヴィツィオ=F=モルテ
BL?/お泊り


>
【大きくて小さな人】

小さかった。とても、小さく見えた。
顔を伏せ、縮こまって、震える姿は。
オレより歳も身長も上なくせに。
弱くて、子供で、大人だった。
「顔、見せろよ。」
ふるふると長い髪が揺れる。
静まり返った部屋。時計の針と、外の魔獣のうめき声。
ささやかな、ふたつの息。
>
泣いては、いないのだろう。
恥ずかしい、だけなのだろう。
例えばオレが、この場を去ろうとすれば。
きっと慌てて顔を見せる。
それでもいいけど。
それは嫌だな。
「オレはお前の顔が見たいなぁ。」
ふるふる。ふるふる。
いつまで意地を張るのか、笑みが零れた。
>
「オレは、いない方がいい?」
意地悪をするのが楽しくて。
「っ……誰も、そんな事は言っていない!」
反応が、可愛らしくて。
きっとこいつもわかってる。
わかってる、だろうけど。
丸めた背中がどれほど無防備で間抜けか、お前はわかっているのかな?
>
軋むスプリング。顔を伏せながらも、少しずつ後退する身体。
押して、おして、そのうち、
「――うわ!」
落ちた。
「ふはっ……間抜けぇ、何やってんだか!」
ようやく見えた彼の表情。
机に突っ伏す不真面目学生のような姿勢で、小さく小さく、こちらを睨んでいた。

おしまい。


>>SSと言えるのかも微妙なライン。
あん太がお泊りしてるんだけど、ヴィツィオが嫌な夢でも見たのか、
それとも単にネガティブスイッチ入ったのか。
それを慰めようとするあん太の話。
ヴィツィオは可愛い。(結論)
……事後とかじゃないよ!この後ryでもないよ!ほ、ホントだよ!


  • 最終更新:2014-12-24 23:27:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード